【月間マイル伯爵の厳選NEWS】2019年5月号

皆さま、こんにちは。 弟子52 マイル伯爵でございます。 元号変更に伴う10連休の長期GWとなりましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか? 久々の長期休みということで、私も長距離移動をしております。 今月も個人的な見解を交えた厳選ガチンコNEWSをお届けします。 皆さまの修行に、少しでもお役に立てれば幸いです。   ◆ANA国際線エコノミークラス 事前座席指定の一部有料化について ANA国際線エコノミークラスにおいて、 座席指定が一部有料化とする案内が出ました。 これにより、遂にANAさんもLCCと同じか。。。 という声もありますが、詳細を確認してみましょう。 ANA国際線エコノミークラス 事前座席指定の一部有料化についてhttps://www.ana.co.jp/group/pr/201904/20190417.html これまで事前座席指定については、運賃(予約クラス)に関わらず ご購入いただいたお客様から先着順にて座席をお選び頂いていたため、 通路側や窓側など比較的人気の高い座席が 早い段階で埋まってしまうケースが多く発生しておりました。 ご購入いただいた運賃(予約クラス)の価格帯に応じたサービスを ご提供するために、一部の運賃(予約クラスV/W/S/L/K)を対象に、 足元の広い非常口の座席や、 機内前方通路側・窓側座席の一部の座席について、 事前座席指定を有料化いたします。 対象となる運賃(予約クラス)以外で航空券をご購入のお客様、 ダイヤモンドサービスメンバー・プラチナサービスメンバーの お客様の事前座席指定は、引き続き無料で承ります。   有料事前座席指定の概要 1.適用開始  2019年5月29日以降の新規購入分より  (※2019年8月19日以降のご搭乗分より対象) 2.適用路線  ANA国際線全路線  (※エアージャパン以外の会社が運航するコードシェア便を除く) 3.対象  エコノミークラスを予約クラス V、W、S、L、  またはKにてANA国際線航空券をご購入のお客様  (※座席を使用しない2歳未満の幼児を除く) 4.料金額  次の料金額を日本発着の国際線区間に適用  (1旅客1区間片道あたり) 国際線の予約クラスはこちらを確認下さい。 マイルの積算条件 https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/flightmile/int/   さて、ANAさんは何を目指しているかというと、 正しい格差を付けるということだと思います。 今回、事前座席指定の有料化対象となる 予約クラス V、W、S、L、Kというのは、 マイレージ積算率が50%以下の格安運賃です。 ダイヤモンド、プラチナメンバーの上級会員は最優先で、 次に正規運賃でチケットを購入したお客様、 最後に格安運賃でチケットを購入したお客様、 という順に、それぞれメリットを感じられるよう 格差を付けたいと想像できます。 会社という視点で見た場合、 やはり沢山お金を支払ってくれたお客様を 優遇したいという思いなのだと思います。 ある意味、正論であると言えるでしょう。 会社として生き残って行くためには、 これから増々、お金を多く支払ってくれたお客様を 優遇する方向に進んでいくことでしょう。 利用者側としては、上級会員をキープすることも大事ですが、 チケット購入時の予約クラス確認が、 今まで以上に確実に行う必要があると思います。 やはり、しっかりとルールを理解することが大事ですね。   ◆入札によるアップグレード ANAも2018/4/17に「Bid My Price」という制度を開始しましたが、 座席のアップグレードに入札制度を利用したことはありますでしょうか? ちなみに、私はまだ利用したことがないんですが。 ANAの場合(他航空会社は調べていないためわかりません)、 お金を積んで入札が確定し、座席がアップグレードされても、 マイレージはチケット購入時の予約クラス積算率のまま ということで、メリットがほとんど感じられません。 ANA Bid My Price 入札いただく金額により、アップグレードが可能となる ANAウェブサイト限定のサービスです。 https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/bmp/   では、なぜこのような制度を導入しているのか? 一言で言えば、やはり世の中の流れと言えるでしょう。 このような入札によるアップグレードは、 どれくらいの航空会社が利用しているか、ご存知でしょうか? ANAも利用している入札システムは、 カナダのPlusgradeという会社が作っています。 https://www.plusgrade.com/ このサイトで「ALL PARTNERS」を選択すると、 VIEWING 59と表示されます。 この数字を見て、どう思われますか? 上記の座席指定の有料化もそうですが、 やはり航空会社としては、会社に多くお金を支払ってくれた お客様を優遇したいという思いがあるのでしょう。   航空会社もこれから二極化が進んで行くと思いますが、 これからの世の中自体が、さらに二極化が進んで行くことでしょう。 この記事はご存知でしょうか。 貧富の格差さらに拡大 世界のビリオネア26人が貧しい38億人と同じ資産を保有https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20190121-00111914/   トマ・ピケティが「21世紀の資本」の中で何を言っているのか。 1つのポイントに絞れば、この公式が重要だと思います。  r(資本収益率)> g(経済成長率) 資産によって得られる富は、 経済成長(労働)によって得られる富よりも大きい。 つまり、資産を持っているお金持ちの方が、 労働による経済成長よりも、富を増やしやすいということです。 ということは、資産を持っている人と持っていない人の格差が 広がっていくということですね。 現実、すでにこのような傾向になってきており、 これから増々、その格差が広まっていくことになるでしょう。 黙って地道に資産を増やして行く人と、 ルール改悪だ、年金がもらえないと言っている人と、 さて、あなたはどちらの世界に行きたいでしょうか。   ◆最近の一言 今回は、飛行機のトラブルについて書いてみたいと思います。 飛行機のトラブルと言っても、大きく2種類、  悪天候など他要因によるもの、  機材故障など航空会社の直接要因によるもの、 に分かれます。 それぞれで、少し対応が異なります。 ANA 変更/払い戻し https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/refund/   ●悪天候などが理由の変更・払い戻し ・台風・降雪などの不可抗力により、  ご予約便が遅延・欠航した(する)場合は、  ANA便への変更または払い戻しを承ります。 ・お手続きはご予約便出発予定日の翌日以降も承ります。  ご予約便出発予定日より10日以内にお手続きをお済ませください。 ・悪天候などが理由の変更に際し、  発生した諸費用(交通費・宿泊費)についてはお客様負担となります。 先日、国内線で自分のフライトに搭乗しようとラウンジを出る際、 コンシェルジュさんと少し世間話をしていました。 丁度そこへ1本の電話がかかって来ました。 コンシェルジュさんが電話でお話中のため、 そのままラウンジを出るか、 電話が終わってコンシェルジュさんにご挨拶してから出るか、 と少し迷いましたが、やはりご挨拶してからと 電話が終わるのを待ってました。 電話を切った後、コンシェルジュさんに搭乗する便名を尋ねられ 回答すると、 その便が来る途中、機体に落雷を受け、これから点検を行う。 最悪、欠航するかもしれない。 よかったら次の便に予約変更しますが、 いかが致しますか?と問われました。 何と、今の電話が、これから落雷の点検を行うという連絡でした。 欠航が決まってから予約変更していては間に合わないであろうため、 そのまま、速攻で次の便へ予約変更してもらいました。 ある意味、もの凄くラッキーです。 少ししてから元乗る予定の便が、調整中みたいな表示に変わり、 ラウンジ内にも落雷の影響で点検を実施しますとアナウンスが流れ、 そうしたら、ラウンジにいた乗客が、 コンシェルジュさんのところへ、一気に押し寄せて来ました。 しかし、時すでに遅しで、 次便と、その次の最終便もすでに満席状態で、 いくらダイヤモンドメンバーであっても、 キャンセル待ち登録をすることしかできませんでした。 もし、落雷の影響で予定の便が欠航となり、 後ろの便に変更できなければ、 自腹で新幹線などに振り替えて帰るしかありません。 勿論、欠航となったチケット代金は返って来ます。 つまり、悪天候など他要因によるトラブルは、 チケット代は戻ってくるものの、 その他は全て自分の責任で対処する必要があります。 たまたま、落雷を受けた戻りの便に知り合いが予約していたため、 羽田空港に到着してから状況確認をしたところ、 1本後の私が乗った便よりも遅れて、無事にフライトしていました。 無事に移動できて、良かったです。   ●機材故障などが理由の変更・払い戻し ・機材故障など、ANAの事由により  ご予約便が遅延・欠航した(する)場合は、  変更または払い戻しを承ります。 ・お手続きはご予約便出発予定日の翌日以降も承ります。  ご予約便出発予定日より10日以内にお手続きをお済ませください。 先の悪天候時との違いは、ここですね。 航空会社の直接的な要因の場合は、諸経費が準備されます。 機材故障などが理由の振り替え(諸費用のご精算) https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/refund/domestic/expenses/ 先日、羽田空港到着予定が22時過ぎの帰国便において、 出発時刻が2時間以上遅れる事態に遭遇しました。 なので、そのままでは羽田着が夜の0時を過ぎてしまうため、 公共機関では自宅へ帰れないことになります。 海外でのチェックイン時、電光掲示板には 何も問題なく定刻が表示されていました。 チェックイン時、カウンターの人に 2時間くらい出発が遅れる可能性ありと口頭で伝えられ、 勿論、到着時間もそのままずれ込んで遅れる予定と言われました。 まだ、詳細はわからないから、 ラウンジ内で掲示板の表示を確認して欲しいとのことでした。 ラウンジでご飯を食べていると、 乗る便の表示が「Delayed」に変わり、 さらに少ししたら、出発時刻が2時間遅れの表示に変わりました。 これで確実に、公共機関を使って帰宅できなくなりました。 搭乗予定時刻になり、搭乗ゲートへ行きましたが、 一向にゲートオープンする気配はなし。 ここで、さらに40分くらい待たされました。 搭乗を完了し出発すると、機内アナウンスで、 お帰りになれないお客様のために、 羽田空港で地上職員が待機しています。 詳細は、そちらで確認して下さい。 とのことで、具体的な内容まではわかりませんでした。 離陸して水平飛行に移ってから、機長からのアナウンス。 交換部品を手配していたのだが、部品の到着が遅れたこと、 さらに交換作業にも予定より時間がかかってしまったこと により、出発時間が遅れてしまったとのこと。 これは航空会社側のみの問題ですね。 翌日は、出張で朝から国内線移動があったため、 どうしても今日中に一旦帰宅する必要がありました。 結局、羽田空港に0時半頃到着、 入国審査、税関を通過後の出口で、 折りたたみ式長机が3つくらい並べられ、 臨時の受付窓口が準備されていました。 窓口はダイヤモンドメンバー用と、 その他乗客用と分けられていました。 ダイヤモンドメンバー用は、黒服のコンシェルジュさんが対応、 その他乗客用は、一般グレー制服の地上職員さんが対応でした。 この窓口で、航空券の半券を渡すことで、 記載の諸費用を準備してもらいもらいました。 遅い時間だったため、タクシーも少し待たされましたが 無事に帰宅することができました。 このように航空会社側に責があり、 乗客に対して問題が発生する場合には、 航空会社の責任で対処をしてもらえます。 勿論、トラブルは発生しないに越したことはないですが、 回数乗っていると、色々な出来事が起こる可能性があり、 やはりルールをしっかり理解しておくことが大事だと思います。 航空会社毎にルールは異なると思いますので、 そこは臨機応変に対応下さい。   ◆YouTube マイル伯爵インタビュー1 これ、聴かれましたでしょうか? ガチンコマイル塾メルマガでは案内が出ておりませんが、 YouTube動画で、私とマイルレディのインタビュー音声が 公開されています。 是非一度は聴いて頂き、こちらも何か ご意見、ご感想を頂けるとありがたいです。 「インタビュー1」とある通り、ご要望が多ければ、 随時インタビュー収録をして参りたいと思います。 マイル伯爵インタビュー1 https://youtu.be/XuNiS8_Qzh0   ◆ガチンコマイル塾 弟子ブック ガチンコマイル塾 弟子9名執筆による 弟子ブックが発売となりました! まだ読まれていなければ、是非お読み下さいませ。 人生を激変させたいあなたに今、伝えたいマイル修行とは?飛行機にノリまくって人生を激変させた9人のマイル修行僧の秘密ガチンコマイル塾 (著) https://amzn.to/2Imosev   ◆百慕大 翼 (バミューダ△つばさ)さん書籍 ガチンコ弟子のバミューダさんが、新書を出版しました。 こちらも是非お読み下さいませ。 人生を変える海外旅行術週末2日間・費用5万円で行ける海外旅行は最強の自己投資だ! https://amzn.to/2vui3o8 外資系エグゼクティブ 最強の仕事術100 https://amzn.to/2Vxx8nD   皆さまからの、ご意見、ご質問を受け付けております。 このメールにご返信下さい。  

果たしてハワイ線の特典航空券のビジネスクラスはお得なのか?

弟子1です、 前回に引き続き 『特典航空券の見極め方』 に関してお届けさせていただきます。 今回はハワイ線(ビジネスクラス)に関してです。 貯まったマイルを常に消化することばかりに 意識が向かってしまいますとなかなか そのチケットがお得なのか?を考える機会も ございませんが、今回塾長が 「見極め方」 を伝授してくださりましたので、お楽しみに。 果たしてホノルル線の特典航空券はお得なのか?

連休の過ごし方~ガチンコ流

いよいよ日本で過去最大級の大型連休 2019年のゴールデンウィークがスタートしました! ガチンコをご覧になられている方は、マイル修行や旅行の関心が高い人が多いと思いますので、既にこのブログ記事を簡単に読める状態ではないような機内や海外の渡航先にいらっしゃるというかたも多いのでは無いでしょうか?(というよりほとんどの皆さんがそうでしょうか?) 一方で、もちろん連休に関係なく仕事という人、あえて予定を入れていないという「逆張り派?」の人…いや、そもそもガチンコマイル塾に関わっている多くの方はそもそもそライフスタイルがカレンダーとは関係ないペースで動いている人も多いので(笑) まだ遅くない大型連休旅のプランニング さてそんな連休直前や思い立ったその日にでも旅行に、特に海外旅行に行くことが出来るアイデアは今や沢山ありますよね~。 ガチンコマイル塾で日々旅の手法を研究されている方は、特に目新しい話ではないかと思います。特に今回の2019年ゴールデンウィークは過去最大級の大型連休ですから、スタートしてからゆっくり予定を立て始めても遅くはないかもしれませんね。 普段のマイル修行とはまた違った方面への渡航など、普段とは違う旅の日程が組める機会ですので、今からでも遅くはありませんので是非旅のプランニングをお薦めします! ちなみに当ブログ記事の著者(弟子15)の予定はこんなカンジです。今回の連休を「前半戦」「後半戦」に分けて行動します。 前半:ロシア~ウクライナ~アゼルバイジャン~ジョージアメインは、アゼルバイジャンのF1グランプリ観戦と、話題のジョージアワイン 後半:シアトル~アラスカ~バンクーバー(米国とカナダの北西部巡り)メインは、アラスカ航空搭乗、季節外れのアラスカ訪問、イチロー選手なきあとマリナーズ観戦(菊池投手) またこちら修行日記でレポートさせていただきますね。   連休後は弟子の皆さんからの旅レポートも集まると思いますので…お楽しみに!それでは素晴らしい連休となりますように! (参考) http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/27/135707 http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/27/135707

実はあまり知られていないANA特典航空券の裏ワザ【ANA修行2019】

実はあまり知られていないANA特典航空券の裏ワザ【ANA修行2019】

海外イベント修行 メルボルン:F1 2019年開幕戦~オーストラリア・グランプリ

皆さん大型連休も近いですが、マイル修行&海外旅行の予定はいかがですか?どうせマイル修行で海外に行くのであれば、空港タッチもいいのですが、せっかくなので現地滞在を楽しみたいですよね~それではれば是非海外イベントに参加してみては…?というのが前回のお話でした。 http://gachinkojuku.com/bga/?p=3821&preview_id=3821&preview_nonce=dea4d7377b&post_format=standard&_thumbnail_id=3829&preview=true ということで…今回の修行の目的地は「オーストラリア・メルボルン」 そうです!自動車レースの最高峰、F1グランプリ2019年のシーズン開幕戦「F1オーストラリアグランプリ」を観戦してきました~! まずはメルボルン!オーストラリアの第2の都市と言われる街ですが、近年「世界の住みたい街ランキング」でも上位に入るなど、世界の人気都市となっています。 日本から直行便があるのはJAL等で、ANAとスターアライアンスではシドニーを経由する便になります。F1の決勝が行われるのは日曜日。ゆっくり決勝を最後まで観戦していくのであれば月曜日の移動になりますが、週末弾丸旅でも充分に楽しんで帰ってこられるイベントだと思います。飛行時間はそれなりに長いですが、時差があまり無いのが助かります。 そしてシドニーと言えば…マイル修行層にも注目の場所ですよね(笑) 世界的イベント:F1オーストラリアグランプリ! そもそも現在F1をはじめモータースポーツ自体が海外ではすごく盛り上がっています。 日本では…80年代のF1ブーム(アイルトン・セナですかね…)以降やや人気が静かな気がしますが、やはりそこは日本と海外の違いというか、日本にだけいたのではわからない世界のトレンドを感じることができます。 特にオーストラリアグランプリはシーズン開幕戦ということもあり、世界中からファンが押し寄せているだけでなく、様々な業界のセレブが集まっているようでした。当然ビジネスの会合の場としても活用されているようで…あまり言えませんが、華やかなスポーツイベントの裏ではいろんなことが動いているんだなぁ~と(笑) そしてイベント会場となっているアルバートパークはその名のとおり普段は公園です。湖があり芝生広場が広がるのどかな公園の一部を、レースの間だけ特設サーキットにしているのです。市街地であればモナコやシンガポールが有名ですが、公園をレース場にしているのが面白いですね。実際F1ファンのためだけのイベントではなく、ファミリーが楽しめる工夫がいたるところにありました。 そしてメルボルン!世界で一番住みたい街ランキングの上位に顔を出すようになったこの国の魅力は短期間の滞在でも充分に楽しむことができます。モダンオーストラリア料理や、カフェカルチャー、近郊バロッサバレーからのオーストラリアワイン等、グルメの街でもあります。 更にはアートとスポーツの街でもあり、大阪なおみ選手が活躍されたテニスのオーストラリアオープンの開催地でもありますね。 F1グランプリの開催期間はまさに街がF1一色でした。 短期間でも充分に楽しいメルボルンの街、是非マイル修行の渡航先として選んでいただき、街の滞在を楽しんでいただければと思います。 (参考:ブログ「外資系2.0という生き方」) http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/19/130000 http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/19/130000

【ホテル塾】ハイアットグループの裏ワザ~Hyatt攻略法~

弟子1です、 実際にHPを見ながら塾長が解説する 『ガチンコマイル塾-実況ネオビデオ術(ホテル編)』 を公開します。 実際に、ホテルの予約の仕方を サイトを実際に拝見しながら、 具体的にお伝えするビデオです。 実際に、海外旅行歴25年以上の塾長が どのようなことを意識してチェックして ホテルの予約までに至るのか?その 全貌を暴露してもらいました。 今回は「Hyatt編」をシェアします。 - あまり知られていないハイアットの住み分け - 海外移住者は増えているのか? - 奇跡の予約スキーム などなどを公開!

空港タッチだけではもったいない!海外都市の有意義な滞在:①海外イベントに参加!

マイル修行といえばいかに効率的にマイル・ポイントを貯めていくか…ということが重要視されるのかと思います。 もちろんそれそこがマイル修行!というのであれば、マイル修行僧から否定される行動ではありませんよね。 なので当然のように「空港タッチ」も肯定されるんですよね~ http://gachinkojuku.com/bga/?p=3773 マイル修行から得られるものは言葉で言い表せないものがありますが、せっかく海外まで行くのであればやっぱり現地の滞在も楽しみたいですよね~!マイル修行とはいえ、どうせなら有意義な現地滞在を目指したいものですよね。 そんな「滞在先の楽しみ方」について、いくつかヒントをお届けしたいと思います。 まずは「海外イベントへの参加」のススメ! イベントと言っても本当に幅広く沢山ありますが、まずはカタく考えずに「エンターテイメント系」を探してみてください。ご自身が夢中になれる趣味の世界でいいのではないでしょうか?例えば… スポーツ:欧州サッカー、メジャーリーグ、ラグビー、フィギュアスケート、モータースポーツ(F1など)格闘技 音楽:クラシックコンサート、ジャズフェス、ロックフェス、海外アイドル… その他:パフォーミングアート(演劇、ダンス等)、サーカス(シルクドソレイユ等) 例を挙げればキリがないですよね…。 普通の海外旅行となると現地で観光したりグルメを楽しんだりと、様々な計画を立てるのでしょうが、反対にマイル修行だと時間が限られてしまいます。 マイル修行ついでにピンポイントでイベント参加を目指してみることは様々な意味で有意義です。なぜならお目当てのイベントが見つかっても、自分で予約から参加まで全てを手配するのは、海外だと意外と戸惑うことも多いからです。でも自身の好きなことであればそんなハードルも乗り越えられますね。 是非有意義なマイル修行の旅を海外で楽しんでください! (参考:海外でイベントに参加する方法) http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/09/230000 http://bermuda2006.hatenadiary.jp/entry/2019/04/09/230000   飛行機に乗りまくって人生を激変させた9人のマイル修行僧の秘密

【マイル修行がもっと楽しくなる英会話Vo8】空港で搭乗ゲートを探すときって英語で何ていうの?

「外資系エグゼクティブ最強の仕事術100」の著者が送る旅の英会話術; http://bermuda2006.hatenadiary.jp/ 外資系2.0 百慕大翼/バミューダ△つばさ ・大手グローバル企業の最年少マネージャー。グローバルビジネスエリート育成クラブ発起人。国際ビジネスマネジメント、大手企業のグローバルビジネスの海外オペレーションのサポート、世界的大手スポーツイベントでの選手のイベント通訳などを手がける。年間約30都市以上をビジネスで巡る。これから日本人が世界でも確実に生き抜いていくための方法を講演会や出版など幅広い分野で提唱中。 オフィシャルブログ「外資系2.0という生き方」 http://bermuda2006.hatenadiary.jp/ 著書「外資系エグゼクティブ最強の仕事術100」 https://amzn.to/2FT8uUG 2冊目「人生を変える海外旅行術 週末2日間・費用5万円で行ける海外旅行は最強の自己投資だ!」 https://amzn.to/2U3JIWW YouTubeチャンネル「外資系2.0という生き方」 https://www.youtube.com/channel/UCJnlO5TrYcNbuzILStyBtXQ 日本人サラリーマンのマインドをグローバル化する方法!アナタが世界で活躍するためのヒントを世界各地からお届けしています。

人生を変える海外旅行術 週末2日間・費用5万円で行ける海外旅行は最強の自己投資だ!

ガチンコマイル塾 弟子の「百慕大 翼(ばみゅーだ つばさ)」さん新作書籍が発売! 是非、熟読して下さい。 人生を変える海外旅行術 週末2日間・費用5万円で行ける海外旅行は最強の自己投資だ! Kindle版 百慕大 翼 (著) Amazon: https://amzn.to/2U3JIWW 内容紹介 ビジネスの…そして人生の成功のヒントは「海外旅行」にあった! 世界中の富裕層・成功者が実践している自己成長するための旅の手法は、 日本の一般的なサラリーマンでも実行可能です。 旅の計画の仕方から現地での行動まで、 私自身、毎年20カ国30都市を訪れるビジネスライフの中で身につけた海外旅行術を伝え、 あなたのスキルアップにつながる旅の方法と楽しみ方を1冊にまとめました。 仕事で成功したい、人生の質を向上させたいと思っているアナタにこそお薦めしたい 「人生最強の自己投資」 週末2日間・費用5万円で行ける海外旅行に今すぐ出かけてみませんか? 【目次】 第一章 誰も守ってくれない時代 自分を守る武器は「旅」で身につける 第二章 「旅」は成長に不可欠な最強の自己投資 第三章 お金も時間も語学力がなくても3ヶ月後には人生を変える旅に出られる 第四章 今すぐ海外に出るための準備をしよう 第五章 スキルが上がる旅のプランニング術 第六章 成果を無限大にまで高める旅先での行動 第七章 旅を終えて 次の旅へ準備はもう始まっている 【こんな人にオススメ】 ビジネスパーソンとして成長したいと思っている人 人生の質を向上させたいと思っている人 もっと海外旅行にたくさん行きたいと思っている人 【著者プロフィール】 百慕大 翼(ばみゅーだ つばさ) 大手グローバルコンサル企業の最年少マネージャー。MBAホルダー。 学生時代から欧米やアジアにて、メディア・グローバル企業だけでなく、官公庁などでも活躍。現在、大手グローバル企業にて、年間約30都市以上をビジネスで巡りながら、国際ビジネスマネジメントや世界的大手 スポーツイベントでの選手のイベント通訳などを手がける。 また、それらの経験を元に、日本人が世界で生き抜いていくための方法を講演会や出版など幅広い分野で提唱中。趣味はワインとマイル修行。