最新アーカイブ

JALグループ 2018年度路線便数計画の一部変更

  JALより次のプレスリリースがありました。 このあたりの情報も考慮して、これからのマイル修行計画を立てて行く必要があると思います。 JALグループ、2018年度路線便数計画の一部変更と、2019年度における国際線の期間増便等を決定 http://press.jal.co.jp/ja/release/201808/004844.html   リンクを張っておきますので、確認下さい。 時間あるときに、内容記載したいと思います。  

ANAグループ航空輸送事業計画 2018年度下期

  ANAより次のプレスリリースがありました。 確認されましたか? このあたりの情報も考慮して、これからのマイル修行計画を立てて行く必要があると思います。 2018年度下期 ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更 https://www.ana.co.jp/group/pr/201808/20180821-3.html ポイント、気になった点のみ記載します。 細かいところはリリース内容を確認下さい。   国際線 ・経済性と快適性を兼ね備えた最新鋭小型機エアバス A320neo 型機の投入 ・2019年春から運航開始予定  エアバス A380 型機:世界最大の旅客機、日本初導入でハワイ路線に投入予定  ボーイング 787-10型機:ボーイング787型機シリーズでもっとも長い胴体を持つ最新モデル マイル修行に影響大なのはこれでしょうか。 羽田便は記載がないため、影響なしかな。 成田=クアラルンプール ※5 機材変更に伴い、プレミアムエコノミーサービスの提供は中止致します。 バンコクも。 成田=バンコク ※3 NH805/806:B787-8で運航。予定していたプレミアムエコノミーサービスの提供は延期致します。   この10月より、国際線とセットで購入した国内線チケットの予約クラスは、国際線チケットの予約クラスと同じとなるため、プレエコが無くなるのは痛いところです。 エコノミーで100%の「Y」クラスは、プレエコより価格が高くなると思います。 今までは、国際線チケットを安いクラスで購入しても、セットの国内線チケットは無条件で100%の運賃倍率が付いていました。 地方からの海外旅行者は、国内線部分の運賃倍率なんて全く気にならないはずなので、マイル修行僧封じでしょうね。   国内線 ・全席にシートモニターを装着したエアバス A321neo 型機の導入、2018 年度末までに 11 機 ・2018 年下期搭乗分より、国内線の運賃をよりシンプルでわかりやすい運賃体系に見直し ・航空券の予約・販売開始日を搭乗日の 355 日前へ拡大 具体的な日付の記載はありませんが、増便してもらえるのは有り難いですね。 修行僧達でチケットの争奪戦的な感じですよね。 羽田の場合、離発着枠がすでに一杯なはずなので、夜間や早朝の隙間に割り込ませる感じになるのでしょうか。 羽田=石垣、羽田=沖縄 期間増便継続 中部の便が軒並み減ってます。利用者少ないのでしょうか。 なるほど〜。   貨物専用便 マイル修行に全く関係ないですが、北九州が貨物便で思っている以上に利用されているんですよね。   まとめ これらのデータから何を読み取るのか。 ここが一番大事だと思います。 その結果を、今後の行動に繋げて行くことが重要です。  

ANAカード スターバックス ダブルマイルキャンペーン 2018

  特に細かいことを書く必要はないですね。 キャンペーン期間は、2018年8月16日~2018年9月15日まで。 こちらからキャンペーンの参加登録が必要です。 【ANAカード会員限定】スターバックス ダブルマイルキャンペーン https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/starbucks1808/ 積算対象 スターバックスWEBサイトにて、スターバックス カードへのオンライン入金をANAカードでクレジット決済いただくと100円=2マイル(通常1マイル)を積算いたします。 ボーナスマイル積算時期 2018年12月下旬頃にボーナスマイルを積算いたします。   ちなみに、まだスターバックスカードを持っていない方は、こちらから登録が必要です。 Starbucks Card スターバックスカード http://www.starbucks.co.jp/card/?mode=mb_001 スターバックスカードへのチャージは、最大3万円です。 ご活用下さいませ。  

次に注意するANA国内線チケット発売日 2018年後半

  2018年10月28日搭乗分より、ANAの国内線運賃がリニューアルされます。 あたらしい運賃はじまる。 https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/promotions/special-info/fare2018/ 国内線運賃がどのように変更になるのかを理解することは大事ですが、それに合わせて、いやそれ以上にチケットの発売日は重要です。   「プレミアム旅割28」「ANA SUPER VALUE PREMIUM28」発売日 やはり狙い目は「プレミアム旅割28」、新しい名称では「ANA SUPER VALUE PREMIUM28」となります。 運航ダイヤ期間ごとの一斉発売という基本的な考え方は、従来と変わっていません。 8月下旬、1月下旬に一斉販売。 今回より、「ダイヤモンドサービス」メンバーの先行販売開始が、従来よりも早くなります。 とは言え、「僅か2時間」だけ。 いつ電話してもサクッと受け付けてくれる「ダイヤモンドサービス」デスクも、もしかしてこの2時間は電話回線が混雑して待たされたりするのかなぁとか、 外出してて、ネット回線が上手く繋がらなかったりしたら、何も出来ずに2時間が過ぎ去ってしまうのかなぁなど、色々と妄想出来ます。 個人的には会員ランクによって、発売日が1日づつズレて行くくらいな感じでも良いのでは?と思いますけどね。  1日目:「ダイヤモンドサービス」メンバー  2日目:上記以外のプレミアムメンバー  3日目:ANAカード会員  4日目:ANAマイレージクラブ会員  5日目:一般販売 ということで、2018年8月26日(日)は大事な日となりそうです。  9:00 「ダイヤモンドサービス」メンバー  11:00 上記以外のプレミアムメンバー  14:00 ANAカード会員 先行販売対象チケット:  ANA SUPER VALUE 21/28/45/55/75(旧:旅割)  ANA VALUE 1/3(旧:特割)  ANA SUPER VALUE PREMIUM28(旧:プレミアム旅割28)  ANA VALUE PREMIUM3(旧:プレミアム特割)   「特典航空券」発売日 そして、もう1つ、「特典航空券」についても「ダイヤモンドサービス」メンバーの販売開始が、従来よりも早くなります。 こちらは、「4時間」です。 「特典航空券」狙いの方は、2018年8月27日(月)が大事な日となります。  9:00 「ダイヤモンドサービス」メンバー  13:00 上記以外のプレミアムメンバー  14:00 ANAカード会員   国内線「特典航空券」空席待ちサービス あと、「ダイヤモンドサービス」メンバー限定で、国内線特典航空券の空席待ちを2週間お預かりいたします。というサービスが始まっています。 ご存知でしたでしょうか? 興味あれば、こちらをご確認下さい。 ■国内線特典航空券空席待ちサービス開始 2018年7月1日(日)6:30受付分より https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/info/201803/service/   感想 「ダイヤモンドサービス」メンバーの身としては、やはりその他プレミアムメンバーとは差別化を図って欲しい思いはあります。 SFC スーパーフライヤーズ会員と「プラチナサービス」メンバーの関係(サービス内容)も、今後は対応が変わって行くかもしれません。 ルールは定期的に変わって行くので、今後とも目が離せないですね。  

太平洋の古代遺跡を訪ねる修行旅 ~南米チリとイースター島~

イースター島のモアイ工場
  アナタは1週間の休暇があれば何処へ行きますか?   弟子15改めミスターバミューダとしては、ついつい南の島に足が向きます・・・ 今回はいつものカリブ海ではなく、南太平洋の島へ行って来ました。 行き先は、あの「イースター島」です!   イースター島ってどんなとこ? イースター島といえば・・・そう、あのモアイ像で有名なあの島ですね。 この古代の神秘ともいえるモアイの景色をはじめ魅力いっぱいの島でした。 まず驚くのは見たことも無いような深い藍色の南太平洋の海の色! 今まで太平洋の島々もたくさん訪れましたがここまでの深い色は初めてでした。   そしていよいよモアイとのご対面!気がつけば島のあちこちにたくさんあり、 その数300体を超えるのだそうです。 島自体はレンタカーで一日もあれば一周できるほどの大きさで、 その島内に大小様々な古代遺跡のモアイ像が立っていたり、寝ていたり。   ここにしかない景色というのは本当にこの島のことを言うんだな~と大変感動しました。 南米チリの魅力とは? さてこのイースター島ですが、どの国にある島なのかご存知ですか? 南米大陸の西海岸の大半を占める「チリ」の領土なんです。 今回はイースター島だけでなく、チリの首都サンチアゴにも滞在しました。 この国は大陸側も豊かな自然に囲まれた美しい国でした。 まずチリの名物といえばシーフード! 日本ではありえないどんぶり丸々いっぱいの生ウニ料理も堪能しました。 もうひとつは日本でもすっかり定着した「チリ・ワイン」 サンチアゴの中心部から車で1時間で世界的に有名なマイポバリーです。 ワイナリーでもたっぷりワインをいただいてきましたよ。 数日間の短い滞在でしたが、街歩きもしっかり楽しんできました。 長距離移動の旅も無料で楽しむ? 南米のチリと言えば日本から地球の真反対にあり、 首都のサンチアゴに行くのに乗り継いでほぼ丸一日かかります。 そしてイースター島に行くにはサンチアゴから更に5~6時間のフライト。   それくらいの時間がかかりますので当然航空券代もそれなりの値段に・・・。 通常南米への1週間の旅行ですと格安ツアーであっても30~50万円程度します。 今回日本のハイシーズンということもあり航空券だけでも25万円以上・・・。   実はこの旅、合計6本分のフライトと6泊のホテル、ほとんどお金かかってません! ガチンコブログの読者の皆さんであればもうおわかりですね。   今までの修行で上手に貯めたマイルやホテルポイント・・・それらをうまく使って、 無料で旅行が出来たうえに今回の旅でも更にマイルが貯まるという・・・ (噂のガチンコ・ローリング・スキーム)   皆さんも、安く・楽しく・快適に、未知の世界に見聞を広める旅に出てみませんか?

取り残された世界最南端の珊瑚礁 ロード・ハウ島 ~Lord Howe Island~

ロード・ハウ島、Lord Howe Island、ANA ダイヤモンド、カンタス航空、ワンワールド
1月上旬にオーストラリアのNSW(ニューサウスウェールズ州)にある ロード・ハウ島(Lord Howe Island)に行って、とてもいい時間を過ごせたので、 写真を交えつつロード・ハウ島の魅力が少しでもお伝えできればなと思います。

魅惑の「バミューダ」修行

ラテン系修行僧弟子15です。久々のブログ投稿です。 今回はNY修行のついでに(?)大西洋に浮かぶ島国「バミューダ諸島」を訪れてきました! 「バミューダ」と聞いて皆さん何を思い浮かべますか? 私の周囲で多いのは、やはり「バミューダトライアングル」と呼ばれる「魔の三角地帯」を連想する人が多いみたいです。 バミューダ付近の海域を通過する船や飛行機が突然消えてしまう!なんて事件が本当にあるとかないとか・・・。 ではバミューダ諸島はそんなに恐ろしいところなのでしょうか? 実は私は以前からこの地名には、全く別のイメージを持っていました。 かの名探偵シャーロック・ホームズのセリフにその名前が登場していたからです。 「ワトソン君、私はこの事件が無事に解決したらしばらく休暇をとってバミューダにバカンスに行こうと思っているよ」 確かそんなセリフだったかなとうろ覚えですが・・・。あのホームズも憧れるバカンスの島はどんなところなのか! 期待と不安の中で実際に訪れてみたバミューダ諸島は・・・いい意味で期待を裏切る素晴らしい島国でした。 まずこの島は実は英国領なんです。通貨バミューダ・ドルはドル札でありながら女王陛下がプリントされています。 そしてもうひとつ。バミューダ諸島はタックス・ヘイブンとしても世界的に有名なんです。 首都のハミルトンには島国の港街の雰囲気がありつつも、欧米の金融機関の支店が軒を連ねる金融街でもあります。 そして南の島にもかかわらず、スーツ姿の紳士ばかりです。路上にゴミも落ちておらず、人々もいちいち丁寧で親切でした。 この国には弟子15が好きなカリブの島国のようなゆる~い雰囲気だけではなく、どこか洗練された雰囲気がありました。 もちろん街だけではなく、南の島としての魅力にも溢れています。 世界遺産にもなっている古い港街セントジョージや、なんとピンク色の砂浜など、世界中探してもバミューダにしかない景色に出会えます。 皆さんも今の仕事や日常をバミューダトライアングルに投げ捨てるべく、大西洋の楽園「バミューダ諸島」是非一度訪れてみてください。 ラテン系修行僧・弟子15でした!    

ニュージーランド航空 ラウンジ@シドニーを徹底解剖

シドニー空港では、ニュージーランド航空(NZ)のラウンジが利用可能です。 このニュージーランド航空のラウンジは日本行きの搭乗口(私が利用したのは53番搭乗口)の近くにあるので出発の直前までゆっくりできるのはありがたいのですが、この搭乗口がパスポートコントロールからものすごく遠いです。