修行僧ならいわゆる「空港タッチ」を経験したことがあるかもしれません。

そうです、空港に降り立ち、数十分~数時間程度の空港滞在で次のフライトに乗り込むあの行為ですね。

場合によっては今自分が乗ってきた飛行機に戻りそのまま引き返す…正に現地にタッチする移動手段です。乗換えとも違う、マイル修行僧の謎の行動…。通常のフライト乗客にはおよそ理解されませんが、マイルやポイントを効率よく積算する手段として修行僧には肯定されがちな旅程ですね(笑)

この「タッチ」という行為についてはしばしば修行僧の間でも賛否が議論されたり(笑)少なくともよく話題になります。

私(弟子15:バミューダ翼)自身は「タッチはやらない」と宣言しております。「タッチ」の定義にもよりますが、私は旅の一部として現地の滞在時間を可能な限り長くとり旅先での行動を楽しみたいと思うほうだからです。

一方で「タッチ」自体を否定することはありません。その人の旅や修行のスタイルだからです。ある視点からみると効率がいいのは間違いないからです。

そして実はタッチ程度の短い滞在であっても有意義で意味のあるものに変えていける方法があります「飛行機にノリまくって人生を激変させた9人のマイル修行僧の秘密」でも紹介していますので、マイル修行を実施・検討されているのであれば是非参考にしてみてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here