皆様、初めまして。弟子40です。

初めてのブログ投稿となります。

2018年10月に「ガチンコクアラルンプール修行ツアー」を開催しました。
毎度のことながら、弟子修行ツアーは大変楽しく盛り上がり、とても有意義な時間を過ごすことができました。

クアラルンプールはANA就航後、シンガポールに代わるマイル修行の地となっており、また物価の安さからホテル修行にも快適に使え、ショッピングにもいい国です。

今回のツアーでは8名の方々が参加しました。

ANAのクアラルンプール便は、羽田・成田それぞれ1日1便ずつ就航していますが、今回は成田発着のNH815便~NH816便を利用しました。

地方からの乗り継ぎの方を除き、成田空港に集合後、Zカウンターからチェックイン。

なお今回の参加者のステータスですが、

ANA-DIA:5名、PLT:1名、平民:2名

となります。

※Zカウンター(SUITE CHECK-IN)、SUITE LOUNGEは、ダイヤモンドメンバーと同行者1名が利用可能です。
修行ツアーに参加することで、まだ上級会員になっていなくてもSUITE LOUNGEを体験することができます。

スムーズにチェックインを行い、出国検査場を通過後、「SUITE LOUNGE」へ。

今回参加者が8名の大所帯なので、話し声などで他の方々に迷惑にならないよう、秘密部屋へ移動しました。

食事やドリンクの場所まで遠いのが難点ですが、プライベート空間は確保されているのが一番いいところです。
メニューが置いてあり、ラウンジの係の方へ注文すると、全て運んできてもらうことも可能です。
質の良いものを無料で飲み食いできるのは、本当にありがたいことです。

乗り継ぎの方々も無事同流して、搭乗口へ。

搭乗クラスと席はそれぞれ別々なので、ここでは私が搭乗した「プレミアムエコノミー」について説明します。

「プレミアムエコノミー」はシートピッチが38インチ(約97センチ)、座席幅は19.3インチ(約49センチ)とゆったりとしたシートで、「エコノミークラス」のシートにはない『レッグレスト』や『パーソナルライト』がついています。

機内食はエコノミークラスと変わりませんが、ミニうどんなどの軽食や搭乗便のビジネスクラスのシャンパン、ワイン、日本酒、梅酒、焼酎(水割り・ロック)を飲むことができます。

クアラルンプールにほぼ定刻で到着後、0時頃であったこともあり、今回宿泊するホテルがある中心地まではタクシー配車アプリ「Grab」を使って車を手配して移動しました。

 

今回宿泊するホテルは、「JWマリオット・ホテル・クアラルンプール」。

マリオットホテルのような高級ホテルは値段が高いですが、物価の安いマレーシアでは他の国と比べても安く宿泊することができます。

また今回、マリオット・プラチナステータス保有者が6名もいらっしゃったため、ホテルラウンジで夕食、朝食を無料で頂くことができました。

 

【2日目】

ランチにはスチームボート(鍋料理)で有名な客家(ハッカ)。

オープン直後に入店していたので、お客さんはまばらでした。

スチームボードが有名なお店ですが、ほかのメニューも美味しいものばかり。
特に「豚角煮」はお肉が柔らかくて絶品でした。

スチームボード(鍋料理)
※写真は以前来店した時のものです。

鍋の具材は魚のすり身、鶏肉、野菜、卵など。
なお具材の盛り付けは店員さんがすべてやってもらえます。

他のメニューはこちらをご覧ください。
お店のメニューにも日本語が書かれています。

なおメニュー全体は価格は安いですが、お酒はやや高めです。

 

ランチ後は皆さんと【ツインタワー】の展望台へ。

クアラルンプール名物のペトロナスツインタワーへ登ったことある方はいらっしゃいますか?
私も登ろうと思い、当日にチケットを買いに行ったのですが、長蛇の列で結局買えませんでした。
今回は、インターネットで検索して、事前にチケット手配をして登ることができました。

見学ルートは41階付近にあるタワー1とタワー2を結ぶスカイブリッジ(2つのタワーの渡り廊下の部分)と、88階の展望台を回る時間制となっています。
時間区切りの順番ごとに、色の付いた首掛けタグを渡されますので、その色単位で移動します。

88階展望フロアから

なお見学には時間定員制になっており、特に夜景が綺麗な夜を中心に混雑します。
そのため、見学する際には事前に公式サイトで予約されることをお勧めします。
たぶん、事前にサイトからチケット購入しておかないと、当日は厳しいと思います。

ペトロナスツインタワーチケット購入サイト

また三脚や自撮り棒、キャリーバックなどは預けないと入館できないのでご注意を。

 

夜はホテルのラウンジにてマイルやホテルなどのガチンコトークで遅くまで盛り上がりました。
超マニアックな話や、それぞれの専門知識など、日頃話すことができない話題が沢山飛び交っていました。

 

【3日目】

帰国便は7時10分発のため、朝5時にホテルを出発して事前に手配していたタクシーで空港へ移動。

出国後はクアラルンプールのラウンジ【ゴールデンラウンジ】へ。
ゴールデンラウンジは、クアラルンプールを本拠地にしている「マレーシア航空」が運営するラウンジで、マレーシア航空は[ワンワールド]のため、本来[スターアライアンス]系の航空会社は使えませんが、ANAは、ゴールデンラウンジを指定ラウンジとしているため使用可能です。

なおスターアライアンスのラウンジは、シンガポール航空とタイ国際航空があります。
こちらのラウンジを使用することも可能です。

流石、マレーシア航空の本拠地ということで、ラウンジ内はとても広く、奥にはトイレやシャワー室等があり、さらに仮眠室もあり設備は充実しています。

カプチーノやカフェラテなどはバリスタさんがいますので、作っていただくことが出来ます。

なおラウンジ内には「ヌードルバー」もありますが、朝早い時間帯にはやっていませんのでご注意を…。

そして帰国便に搭乗。
実は往路と同じクルーメンバーであったため、搭乗時に「お帰りなさい〜」とのコメントを頂きました。

帰りもプレミアムエコノミーでの帰国し、修行ツアーは終了となりました。

 

今回初めて修行ツアーを企画しましたが、参加された皆さんのご協力で大変楽しい有意義なツアーとなりました。

改めまして参加された皆さんにお礼を申し上げます。

2019年も修行ツアーを出来れば企画したいと考えておりますので、修行初心者の方だけでなく、既にダイヤモンド会員の方も参加して頂ければ幸いです。
また皆さんで楽しく盛り上がりましょう。

それでは。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here