IMG_20160818_074223空港の話の前に先に私の旅と仕事の戦略などを簡単に話そう

  1. 旅のハプニングは楽しいものだができるだけ避ける
  2. 仕事の生産現場は物価や人件費の安いできるだけ僻地へ
  3. 航空会社は安くグレードのいいもの、ホテルは一番安い部屋を予約してほぼアップグレードが起きるように努力し、しかも3食の食事つきの場所を選ぶ
  4. 荷物はできるだけ少なく持っていく
  5. 私の仕事柄データのやり取りが主なのでネット回線のつながらない場所は避ける
  6. とにかくあらゆる場所で並ぶことを避ける

1に関してはいろいろあるが初めて行く場所は夜間外出しない、生水は飲まない、食事はホテルものを選び食当たりしない。本当は酒は飲むわ、たばこを吸うわ、バクチも好きだし、買うのコメントは差し控えさせてください・・・というとんでも人間なのだが、仕事はストイックにやりたいのです。
2に関しては大都市ほど騒擾事件がおきやすいので都市の観光地にいかない(仕事の時)、何やるにしてもアービトラージは経済選択の基本なのでそれを選ぶ。私が進出しているのはベトナムの僻地、中国の僻地、インドネシアの僻地(今回開拓予定)、それとマレーシアの僻地です。うーんこれらの国の首都すら入ったことはありません(空港は別)。うちの海外関係者にはものすごい叱られます。「弟子18さん、首都を見ずして私たちの国の何がわかるんですか?」とか「もう何年もうちの国来てるのに首都みたことないのは弟子18さんぐらいのものです!」困るんです・・この質問

3、LCCもはやりで中国やアメリカのセレブもLCCで十分ということをこのごろネットでよく見るようになった。その意見は基本的には非常に正しい。航空会社の事故に巻き込まれる確率なんて低い。でもこういう質問だったらどうでしょうか?「LCC並みの運賃に少し加算するだけでレガシー航空会社のビジネスクラスに乗れたら、あなたはそれでもLCCに乗りますか?」ここで人間の英知を結集して航空会社のシステムとは何かについて猛烈に勉強を始めなければならないということになります。海外発券やストップオーバー、オープンジョー、エアタリフ・・・海外に進出するならまずその障害を最大限取り除く!その最大の障壁とは資金と移動による疲労度の管理だと思ってます。私も昔ツアーでLCCで行ってその日は疲れ果てて観光に行けなかった経験があります。海外での時間は濃密なのでできる限り自然体で行くようにする。これが目標です。ホテルもとても大切。バックアパッカーの宿は安い。東南アジアでも1000円切るところもあります。シティホテルは高い・・!果たしてそうでしょうか?私はシティホテルのほうが安いのではと思ってます。ホテルシステムを熟知すると3食の食事は無料で提供されます。夜は酒もふるまわれます。衛生的でセキュリティ面も良く、部屋は最低ランクの部屋を予約してもほぼ100%1.5倍の部屋にグレードアップされます。今私の宿泊している部屋も8000円程度ですが、3食の安全な食事代、アメニティ(仕事の荷物を減らしてます)、セキュリティなどを考慮するとシティホテルのほうが安いと思ってます。ということでマイルシステムと伴に、ホテルシステムの研究も鬼のようにする必要があると思います。

4も大切。私は旅行の時は紙パンツで行きます。最初は老人がはいているようで抵抗があったのですが、帰り荷物やランドリーサービスなどの負荷が減って気にしなくなりました。AMAZONでも平気に旅行関連用品として売ってます。100円ショップでもあるようですね。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss/354-9709388-3938514?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%80%80%E7%B4%99%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84

話すぎたので続きは次章で、いつ終わるんだろ・・すいません話をしてるといつまでたっても終わらない癖が私にもあります。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here