【月間マイル伯爵の厳選NEWS】2019年3月号

皆さま、こんにちは。 弟子52 マイル伯爵でございます。 前回の厳選NEWSは楽しんで頂けましたでしょうか? 今月も個人的な見解を交えた厳選ガチンコNEWSをお届けします。 皆さまの修行に、少しでもお役に立てれば幸いです。   ◆燃油代値下げ 最近、あちこちで話題になっていますね。 燃油代がANA、JALともに、この4月から、 なんと3段階の値下げとなります。 国際線チケットを購入するタイミングを調整した方がお得! という感じでしょうか。   ANAは、現在の「10,000円以上11,000円未満」から、 「7,000円以上8,000円未満」に3段階下がります。 ANA NEWS 第18-107号 2019年2月18日 国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定を申請 https://www.ana.co.jp/group/pr/201902/20190218.html JALは、現在のゾーンE「10,000円以上11,000円未満」から、 ゾーンB「7,000円以上8,000円未満」に3段階下がります。 JAL 2019年02月19日 第18143号 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請 http://press.jal.co.jp/ja/release/201902/005061.html   さて燃油代ですが、どのように決定されるかご存知でしょうか? 価格改定時点における、直近2ケ月の シンガポール ケロシン市場価格の平均を用います。 燃油代は、2ヶ月単位に改定します。 以前に、マイル塾修行ブログに記事を書いていますので、 こちらをご確認頂ければわかると思います。 運賃には、その他色々な金額が上乗せされています。 国際線 燃油サーチャージについて http://gachinkojuku.com/bga/?p=3389   燃油代を考慮した場合、 4月以降にチケットを購入するのがお得ですが、 GWを対象とすると、今年は10連休となり、 大変混雑が予想されることから、 チケットは、取れる時にサッサとを手配した方が 結果的に良いのではないかと、個人的には思います。 チケットは生ものですから、 上手くタイミングをみて購入することが大事ですね。   ◆新規就航路線 2/17から、ANAウィーン線が就航始めました。 https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/hnd-vie/ HNDから毎日就航しています。 私はヨーロッパは詳しくないですが、 ウィーンで長く滞在・観光するよりも、 経由してヨーロッパ各地へ移動する感じでしょうか。 ANAのサイト自体で、 ウィーンから便利な乗り継ぎで人気の都市へ! という記載があります。 NH205 羽田(HND) 01:55 - ウィーン(VIE) 06:00 NH206 ウィーン(VIE) 11:50 - 羽田(HND) 06:55(+1) 現在、期間限定のおトクな運賃があるようです。 就航記念セールなんでしょうね。   9/1から就航予定のANAパース線が、 2/7からチケット予約が可能となっています。 https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/nrt-per/ 復路のPER-NRTは夜間の移動のため効率的ですが、 往路のNRT-PERは丸々昼間の移動のため、 時間がもったいない感じがしますね。 HND-SYDは往復共に夜間移動のため、 とても効率的に時間が使えます。 NH881 成田(NRT) 11:10 - パース(PER) 20:15 NH882 パース(PER) 21:45 - 成田(NRT) 08:25(+1) NH879 羽田(HND) 22:20 - シドニー(SYD) 08:45(+1) NH880 シドニー(SYD) 20:55 - 羽田(HND) 05:30(+1)   ちなみに、SYD-PER間の移動を考えた場合、 スターアライアンスだと直行便はないようです。 Singapore Airlines SYD-SIN-PER Air New Zealand SYD-AKL-PER 全ての航空会社で検索した場合、 直行便は幾つか出てきます。 Tigerair Australia SYD 21:15 - PER 00:20(+1) Jetstar SYD 19:55 -...

【月間マイル伯爵の厳選NEWS】2019年2月号

皆さま、こんにちは。 弟子52 マイル伯爵でございます。 この度、ガチンコニュースを発行する運びとなり、担当させて頂くこととなりました。 昨年後半より、ガチンコマイル塾 基本のきセミナーを開催しておりますが、その講師も担当させて頂いております。 今後とも、どうぞよろしくお願い致します。 ガチンコニュースは、航空業界、ホテル業界に関する情報の最近の動きについて、私の個人的な考察を含めてお届けするものです。 私的意見が往々にしてありますが、皆さまの修行に、少しでもお役に立てれば幸いです。   ◆ANA ハワイ・ホノルル線にA380就航 最近、一番騒がれているのは、この内容ではないでしょうか。 2019/5/24~ ハワイ・ホノルル線にA380就航 https://www.ana.co.jp/ja/jp/hawaii24/ プレスリリース:ホノルル線の機内サービスを一新します https://www.ana.co.jp/group/pr/201811/20181127-2.html 幾つかポイントがあると思います。 日本人にとってハワイは人気路線です。 お正月の芸能ニュースでも、毎年芸能人の多数訪問しています。 やはりANAもこの人気のハワイ路線で、しっかり稼ぎたいのでしょう。 そして、A380-800の導入。 座席数は520席、2階席はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、1階席はエコノミークラスで、後方71~76列目がカウチチートとなります。 国際線B747で370席程度でしたから、相当の増席となります。 これだけの人数が一斉に搭乗、降機するのは、なかなか時間もかかり大変なのではないでしょうか。 特に、到着した後の入国審査では、降りるのが遅いと、待ち行列の後ろに並ばされて待ち時間が大変長くなると予想されます。 どんな感じになるのか、気になるところです。   そして、沢山稼ぐために大きな機体を手に入れた訳ですが、搭乗率がどれくらいになるのか? こちらも気になります。 勿論、長期休みのハイシーズン時は問題ないと思いますが、ローシーズン時です。 A380ホノルル就航記念 特典航空券 大放出キャンペーン https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/hawaii_mileback1811/ 今回は、最初のA380導入のため、キャンペーンを実施して客集めを実施しています。 すでに1/10~予約開始しておりますので、ファーストクラスが予約できた、できないなど、ブログを賑わせていると思います。 ANAとしては、A380を空席にしたくない、利用者が持っているマイルを吐き出させたいという、両方の思いから、このようなキャンペーンをうったのだと思います。 キャンペーン対象期間終了の7/11を過ぎた以降、搭乗率がどのようになるのか。 ここからが本番だと思いますので、見届けたいですね。   日本国内航空会社で初のカウチチートですが、後から追加料金で変更が可能です。 小さい子連れの家族で安くハワイ旅行をするのには向いていると思いますが、1人利用とかカップル利用とかは有効なのか、ちょっとわかりません。 実際にカウチチートに寝そべってみないと判断できないと思います。 A380の運行開始後に、ブログなどで色々とレポートが掲載されるでしょうから、まずはそれを確認でしょうか。 ANA COUCHii(ANAカウチ) https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/optional_svc/couchii/   ◆国内線ラウンジ改修 旅行する上で重要なラウンジですが、最近はマイル修行の広まりで、どこのラウンジも混雑しています。 特に国内線は、スイートラウンジでも、曜日と時間帯によっては、激混みという状況に陥っています。 ANA、JALともに、ラウンジの改修作業は進めております。 ANA 2019/2月上旬~秋 伊丹・福岡・那覇空港の国内線ラウンジを刷新 https://www.ana.co.jp/group/pr/201811/20181116-2.html https://www.ana.co.jp/group/pr/201901/20190122.html JAL 国内線ラウンジサービスをさらに拡充 http://press.jal.co.jp/ja/release/201803/004676.html http://press.jal.co.jp/ja/release/201811/004948.html 航空会社からすれば、上級会員目指して沢山利用してくれるお客様は大歓迎だと思います。 余り歓迎でないお客様は、SFC、JFCのカード会員だと思います。 クレジットカードを利用してもらうのはありがたいが、余り飛行機を利用せず、必要な時だけラウンジを利用するのはちょっと。。。という感じでしょうか。 以前より色々と噂されていますが、ラウンジ利用について、ルールが変わってくるかもしれませんね。 弟子の方の報告によると、先日もOKAのスイートラウンジが激混みで、待ち行列ができていたようです。 ラウンジのスタッフさんから、「食事クーポンをお配りしています…」という案内があり、他の方に席を譲って食事クーポンを頂いたようです。 食事クーポンの実体は。。。、ちょっとここでは書けません。汗   ◆新規就航路線 ANA、JAL共に、2019年度の輸送事業計画が発表となっています。 2019年度 ANAグループ航空輸送事業計画を策定 https://www.ana.co.jp/group/pr/201901/20190123.html JALグループ、2019年度路線便数計画を決定 http://press.jal.co.jp/ja/release/201901/005021.html ANAは、2019/9/1~ オーストラリア・パース、2019年秋~ インド・チェンナイへ新規就航を発表しています。 JALは、2019/3/31~ シアトルへ新規就航します。   あと、最近ロシアが熱いようです。 ANAは、2020年春~ 東京-モスクワ、ウラジオストク2路線 就航する方針(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39982580T10C19A1MM8000/ JALは、成田-モスクワ便が現在の週4便から、週7便の毎日運行に増便します。 ロシアは全然イメージ湧かない感じですが、物価もそんなに高くもなく、日本からの距離もそんなに遠くなく、お手頃なのかもしれません。 私は寒いのが苦手なので、訪問するなら夏にしたいと思います。 何れにせよ、修行先がどんどん増えるのは、新しい世界、新しい価値観を得る先が増えるということで、とても良いことだと思います。   ◆最近の一言 お正月休みが明けた平日に、運賃がとても安かったため、HND-ISGを往復して来ました。 朝早い便はANAウィングス運行で、738の約160席の機材を利用しています。 まず往路、約100席ほどの空席がありました。 そのままタッチして復路、約60席ほどの空席がありました。 CAさんから聞いた数値なので、正しい数だと思います。 この便ではないようですが、先日、タッチして往復するお客様が20名ほどいらっしゃいましたと言われてました。 座席数からすると、相当な比率になりますよね。 ちなみに私は、2日前アップグレードで、運良くプレミアムクラスが取れました。 プレミアムクラスは8席で、2列目の後ろ側席でした。 同列の4名と、斜め前に見える前列の1名の計5名が、私から見えるのですが、そのうち私を含めた4名が往復ともに同じ顔ぶれでした。笑 航空会社的には、お金を支払って搭乗してくれているため、大事なお客様だと思いますが、旅行客からすると、マイル修行目的で利用するなという感じかもしれません。 石垣空港の滑走路は現在2,000mで、738、A300クラスの中型機までが利用可能です。 石垣島は思ったより需要があるようで、滑走路をさらに500m延長して、大型機も利用できる計画があります。 大型機も利用可能となると、国内修行もしやすくなるかもしれませんね。 ちなみに復路で私の横に座っていた方は、HNDでそのまま国内線乗り継ぎ方面へ向かわれてましたので、さらに修行に行かれるのだと思います。 また、ANAウィングスのCAさんは、往路と復路で別のクルーさんに変わります。 復路に搭乗しても、残念ながら、お帰りなさい!は言ってもらえません。笑 何か知りたい情報があれば、メールに質問内容を返信下さい。 お問い合わせが多い内容について、コメントさせて頂きたいと思います。   お時間あれば、こちらも覗いてみて下さい。 NEO HOTEL ネオホテル上級会員情報  

ANA伊丹・福岡・那覇空港の国内線ラウンジ 2月からリニューアルオープン

最近、激混みと言われるANA国内線ラウンジですが、以下の通り、リニューアルオープンされます。 雰囲気は、新千歳空港 CTS っぽい感じがします。 地元の食べ物も増えるようで、楽しみですね。 ANA公式サイト 伊丹・福岡・那覇空港の国内線ラウンジ 2月からいよいよリニューアルオープンします   伊丹空港 ANA SUITE LOUNGE、ANA LOUNGE:2019年2月1日(金) 室内型「ANA PREMIUM CHECK-IN」(新設):2019年秋予定 福岡空港 ANA SUITE LOUNGE(新設)、ANA LOUNGE、室内型「ANA PREMIUM CHECK-IN」(新設):2019年2 月7日(木) 那覇空港 ANA SUITE LOUNGE:2019年2月28日(木) ANA LOUNGE:2019年秋予定   ANA SUITE LOUNGEの地域にちなんだお食事メニューが、追加になるようです。 こちらも楽しみです。 期間限定なのが残念。。。。 伊丹空港 ・ANA オリジナルの「明石焼き」(期間限定)  提供期間:2019年2月1日~2019年3月31日まで ・Mannekenの「チョコレートワッフル」 福岡空港 ・千鳥屋の「あまおうショコラどら焼き」(期間限定)  提供期間:2019年2月7日~2019年3月31日まで ・かさの家の「梅ヶ枝餅」 那覇空港 ・ふくぎやのバウムクーヘン「ガジュマル」(期間限定)  提供期間:2019 年 2 月 28 日~2019 年 3 月 31 日まで ・BLUE SEALの「アイスクリーム」  

ANAカード マイルプラス ダブルマイルキャンペーン

ANAカードでダブルマイル貯まるキャンペーンをやっています。 プレミアムメンバー限定ということで、全員ではないようですが。 対象者はいつものように「参加登録」をお忘れなく。 ANAカードマイルプラス ダブルマイルキャンペーン キャンペーン期間: 2019年1月16日(水)~2019年3月15日(金)ご利用分まで キャンペーン内容: 期間中、キャンペーン参加登録のうえキャンペーン対象のANAカードマイルプラス対象提携店をご利用いただくと通常100円または200円につき1マイルのところ、2マイルをプレゼントいたします。 キャンペーン対象提携店: 下記を除く全てのANAカードマイルプラス提携店  

国際線 燃油サーチャージについて

  国際線 燃油サーチャージ 値上げ ANA、JAL共に、国際線 燃油サーチャージの値上げが発表されました。 ANA 国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定を申請 1.適用期間: 2019年2月1日(金)以降の航空券発券分より 2.運賃額 : 次の運賃額を日本発着の国際線区間に適用(1旅客1区間片道あたり) JAL 国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請 適用期間: 2019年2月1日から3月31日発券分まで 運賃額 : 日本発旅程 (金額はお一人さま一区間片道あたり)   「燃油サーチャージ」とは何か さて、「燃油サーチャージ」を含め、航空券費用の内訳を理解されていますでしょうか? 今回、整理したいと思います。 ANA 燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)とは? 燃油特別付加運賃とは、原油価格の高騰に伴い、企業努力で吸収しきれない航空燃料費用の一部をお客様にご負担いただく追加運賃のことです。本来、航空燃料費用は航空運賃に含まれるべきものですが、航空燃料価格の不安定な変動に対応するため、またお客様にわかりやすく提示させていただくため、通常の運賃とは別に収受させていただいております。 航空券を購入するために必要な費用は、幾つかあります。  運賃  燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)  航空保険特別料金  空港施設使用料および現地空港税など(必要に応じて) 燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)とは、飛行機燃料となる原油の価格変動があるため、一般の運賃とは別扱いとし、原油の価格変動に合わせて定期的に見直しがされるものです。 航空保険特別料金とは、アメリカの9.11同時多発テロ以降に追加されたものです。 内容は下に記載します。 空港施設使用料、現地空港税は、前の「PSFC、PSSC、PFCと国際観光旅客税」の記事で書いています。 http://gachinkojuku.com/bga/?p=3382   国際線は、各運賃内訳が明確に記載されていますが、国内線については燃油サーチャージが明記されておらず、まとまった運賃として記載されています。 空港施設使用料は、個別に記載されています。 また、特典航空券を利用する場合には、別途燃油サーチャージが必要で、燃油サーチャージ分はマイル支払い等はできないため、直接の支払いとなります。   ANA 燃油特別付加運賃の改定について ANA 燃油特別付加運賃の改定について 1.原則として本運賃額を2ヶ月間固定とします。設定された2ヶ月間は航空燃料価格の動向により運賃額を変更することは致しません。なお、関係国政府の認可状況に応じた変更については、この限りではありません。 2ヶ月毎の価格更新としています。 2.本運賃の改定指標となる航空燃料価格については、改定時点における直近2ケ月のシンガポールケロシン市場価格の平均を用いることとします。ただし、2015年4月以降分日本円の場合はその平均価格に同期間の為替レート平均を掛け合わせた価格を適用いたします。 金額を決めるための原価は、シンガポールケロシン市場価格の平均を用いています。 3.日本発旅程はシンガポールケロシン市場価格の平均に同期間の為替レートの平均を掛け合わせた価格が6,000円を下回った場合、本運賃を適用いたしません。 4.旅客1区間1片道あたりの設定金額は以下のとおりです。 現在(2018年8月1日から2019年1月31日ご購入分まで)の「9,000円以上10,000円未満」から、今回(2019年2月1日から2019年3月31日ご購入分まで)は「10,000円以上11,000円未満」の欄に値上がりします。 また、チケット購入においても、発地と購入地により対象通貨が異なります。    旅程 ご購入地 (A) 日本発 全て (B) 海外発 下記以外 (C) 海外発 欧州 (D) 海外発 英国   JAL 国際線「燃油特別付加運賃」 JALも基本的な考え方は、ANAと同じです。 JAL 国際線「燃油特別付加運賃」 航空燃油(シンガポールケロシン)の各日(*1)のスポット価格の2カ月平均に、同じ2カ月の為替レート平均で円換算した価格によって適用額を確定し、2カ月間固定いたします(*2)。 額改定を行う場合には、関係国政府に認可申請いたします。なお、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり6,000円を下回った場合は、「燃油特別付加運賃」を適用いたしません。 *1市場においてシンガポールケロシンの売買があった日 *2関係国政府認可状況により、適用額・改定時期・適用期間が異なる場合もあります。 日本発着JAL国際線区間に適用される、お一人様1区間片道あたりの金額 Zone F以上につきましては、燃油市況が上昇した際に追加掲載します 現在(2018年8月1日から2019年1月31日ご購入分まで)の「ゾーンD 9,000円以上10,000円未満」から、今回(2019年2月1日から3月31日発券分まで)は「ゾーンE 10,000円以上11,000円未満」の欄に該当します。 JAL 日本発以外の旅程の場合はこちら   「航空保険特別料金」とは さらに「航空保険特別料金」というものも課金されています。 ANA 航空保険特別料金 日本国内線旅客 ※日本国内線の航空保険特別料金は2006年10月1日搭乗分より廃止し、相当額を運賃に組み込むことといたしました。 国際線旅客(*1) 日本でご購入の場合 → 1旅客1区間片道当たり100円 日本以外でご購入の場合 → 1旅客1区間片道当たり1.00米国ドルを発券国の通貨に換算した相当額 (*1)日本=カナダ・香港・メキシコ発着便およびブラジル発旅程には適用されません。 JAL 航空保険特別料金 ご購入場所 → 適用額(お一人様1区間片道あたり) 日本 → 300円 日本以外 → 3.20米国ドル ※カナダ・香港発着区間およびブラジル発旅程には適用されません。   まとめ 冒頭に記載した燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の価格改定は、2019年2月1日(金)以降の航空券発券分から適用されるため、国際線航空券は、2019年の1月末までに購入するとよいです。 勿論、特典航空券も同じ扱いですね。 航空券は生ものです。 燃油サーチャージも2ヶ月毎に見直しされますし、航空会社のルールも不定期に変更となります。 その時の相場価格の流れを確認しながら、購入することが大事です。  

PSFC、PSSC、PFCと国際観光旅客税

  皆さんは、今回の記事タイトルの単語は、全てご存知でしたでしょうか? 聞き慣れない単語だと思いますが、順番に説明して行きます。   「国内線旅客施設使用料(PFC)」 「国内線旅客施設使用料(Passenger Facility Charge)」は、国内線において、以下の旅客ターミナルビルを利用する際、支払うものです。 航空運賃を支払う時に、一緒にコソッと請求されているため、多くの方が気付いていないと思います。 知らないうちに、旅客施設使用料も支払っています。 そして、2018年10月28日搭乗分より、国内線旅客施設使用料(PFC)の対象空港が増えました。  札幌(新千歳) RJCC CTS  大阪(伊丹) RJOO ITM  大阪(関西) RJBB KIX  仙台 RJSS SDJ ANA 国内線旅客施設使用料(PFC)のご案内 1. 対象空港 : 東京国際(羽田)空港、成田国際空港、中部国際(名古屋)空港、北九州空港、新千歳空港、大阪国際(伊丹)空港、関西国際空港、仙台国際空港 2. 対象のお客様 : 対象空港発着の国内線をご利用のお客様 3. 料金額   「国際線旅客サービス施設使用料(PSFC)」「国際線旅客保安サービス料(PSSC)」 「国際線旅客サービス施設使用料(Passenger Service Facility Charge)」は、旅客ターミナルビルにてお客様がご利用になるロビー、昇降機設備を含む館内移動施設、フライト情報システムなど、さまざまな施設の維持管理、手荷物カートやお客様案内などサービスの提供に充てるための料金です。 「国際線旅客保安サービス料(Passenger Security Service Charge)」は、お客様の安全を確保するために行う、高性能検査装置による手荷物検査、ハイジャック検査や旅客ターミナルビルの保安維持などサービスの提供に充てるための料金です。 やはり、国際線の主要空港は値段が高いです。 こんなに支払っているなんて、知らないですよね。  成田国際空港 RJAA NRT (第2旅客ターミナル利用) 国際線出発   PSFC:2,090円、PSSC:520円  東京国際空港(羽田) RJTT HND 国際線出発   PSFC:2,570円  中部国際空港 RJGG NGO 国際線出発   PSFC:2,570円  関西国際空港 RJBB KIX (第1旅客ターミナル利用) 国際線出発   PSFC:2,730円、PSSC:310円 JALのサイトがわかりやすく、1ページにまとまっています。 JAL 国際線旅客サービス施設使用料・旅客保安サービス料および国内線旅客施設使用料について   「国際観光旅客税」 さて、ここからが、今回の本題になります。 「国際観光旅客税(出国税)」はご存知でしょうか? 日本から出国する方を対象に国際観光旅客税が導入されます。 目的: 観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅客税」が創設されました。 「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収し、これを国に納付するものです。 納税義務者:船舶又は航空機により日本から出国する旅客(国際観光旅客等) 税率:出国1回につき1,000円 導入時期:平成31年(2019年)1月7日 「国際観光旅客税」なんていう名称だと、来日した外国人が、日本から出国する時が該当するかと思ってしまいますが、納税義務者は「日本から出国する旅客」なので、勿論日本人も対象となります。 平成31年1月7日より前に発券された航空券で、平成31年1月7日以降に出国する場合、「国際観光旅客税」の支払いは不要です。 もしすでに予定が決まっているのであれば、1/7までにチケットを発券しておくと、国際観光旅客税の1,000円を支払わなくて済みます。 詳細は、こちらから確認下さい。 国税庁 国際観光旅客税について   記憶では、遠い昔にも「空港利用税」というものがあり、成田空港を出発する際、自販機のような機械に現金支払いしてた記憶があります。。。 ということで、意識していないうちに、こんなにも支払いをしているのです。 折角沢山お金を支払っているのですから、有効活用して頂きたいですね。  

ANA国際線プレミアムエコノミー 予約クラスNの新設

  国際線プレミアムエコノミー 予約クラス「G」と「E」 マイル修行において、予約クラスは最重要項目の1つと言えるでしょう。 今まで国際線プレミアムエコノミー PREMIUM ECONOMY席を予約すれば、予約クラスは「G」または「E」となり、区間基本マイレージに対する積算率は必ず100%でした。 そのまま国内線へ乗り継げば、国内線も同じ100%となります。 つまり、国際線・国内線を絡めたマイル修行を行う場合、プレミアムエコノミーを予約しておけば、無条件に効率のよいPP単価が得られました。   ちなみに、予約クラス「G」と「E」の違いを理解していますか? 路線によりチケット種類の扱いが異なっているようで、実際には自分が搭乗する路線で調べてもらうのが一番ですが、以下のようなチケットの割り当てとなっています。 予約クラス「G」:Basic Plus、Full Flex Plus 予約クラス「E」:Super Value、Super Value Plus、Value、Value Plus プレミアムエコノミー 運賃の種類とご利用いただけるサービス   ANAキャリア運賃を一部改定いたします そして、ここからが本題です。 ANA国際線サイトのANAからお知らせ欄をみると、「12/4 ANAキャリア運賃を一部改定いたします」とひっそりと書かれています。 内容は以下のとおりです。 2018年12月5日(水)以降にご購入の航空券について、改定後の運賃を適用させていただきます。 設定運賃:プレミアムエコノミー「Super Value」(N) 改定内容:運賃を新設します。 プレミアムエコノミーの予約クラスNが、新設されました。   プレミアムエコノミー 予約クラスN新設 マイルの積算条件を確認すると、予約クラス:N、区間基本マイレージに対する積算率:70% と記載があります。   つまりこれからは、国際線プレミアムエコノミー席であっても、予約クラスを確認してチケット購入をする必要があるということです。   2019年のマイル修行 「12/4 ANAキャリア運賃を一部改定いたします」のお知らせ内容をよく見ると、マイル修行に丁度よい、東南アジア圏が変更となっています。 対象路線(目的地):タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド 設定期間:2018年12月5日以降ご購入分かつ2018年12月6日以降日本出発分 プレミアムエコノミー「Full Flex Plus」(G)、「Basic Plus」(G)、「Value Plus」(E):適用条件を一部改定します。 プレミアムエコノミー「Super Value Plus」(E):運賃を廃止します。 プレミアムエコノミー「Super Value」(N):運賃を新設します。 整理すると、今まで一番便利に使えていた「Super Value Plus」予約クラスE、価格は安いため予約変更・払い戻し不可だが、アップグレード可のチケットが廃止となる。 単純に価格が安いチケットは「Super Value」予約クラスNとなり、積算率が70%となる。 人気のマレーシア運賃規則は、こちらから確認可能です。 マレーシア(運賃規則) 2019年のマイル修行を改めて検討しないといけないですね。   参考リンク: 2018/12/4 ANA国際線 ANAキャリア運賃の一部改定について プレミアムエコノミー 運賃の種類とご利用いただけるサービス マイルの積算条件  

ANA国際線プレミアムエコノミー PY の取り扱い変更について

  ANA国際線 プレミアムエコノミー席 PY の取り扱いが変更となるため、まとめてみたいと思います。 変更点は3つです。 1.PYを特典航空券で予約 2.エコノミー Y からPYへのアップグレード予約 3.上級会員においてPYへの変更サービス終了   1.PYを特典航空券で予約 マイルを使用した特典航空券でPYの予約が可能となります。 予約開始日時 : 2018年12月5日(水) 15:00〜 利用開始時期 : 2019年4月1日(月) ご搭乗分〜 対象便 : ANAグループ運航便(ANA/エアージャパン)でPYサービスの設定があるすべての便 対象者 : ANAマイレージクラブ会員および特典利用者登録済の2親等以内のご家族   PY特典航空券予約の必要マイル数について、Yとビジネス Cの中間値となっていますが、どちらかというとC寄りのマイル数です。 ということは、特典航空券を利用する場合、もう少し貯めてCを利用した方が効果的なため、PYを利用する人はほぼいないのではないでしょうか。   2.エコノミー Y からPYへのアップグレード予約 マイルまたはアップグレードポイントを使用してPYへのアップグレード予約が可能となります。 予約開始日時 : 2019年9月下旬予定 利用開始時期 : 2020年4月1日(水)ご搭乗分 対象便 : ANAグループ運航便(ANA/エアージャパン) でPYサービスの設定があるすべての便 対象者 : ANAマイレージクラブ会員および特典利用者登録済の2親等以内のご家族 ※「ダイヤモンドサービス」・「プラチナサービス」・「ブロンズサービス」・「スーパーフライヤーズ」会員のお客様はANAアップグレードポイントでのご利用も承ります。 対象予約クラス : 日本発・日本着路線共通 Y/B/M/U/H/Q/V   PYへのアップグレード必要マイル数についても、C寄りのマイル数のため、もう少し頑張ってCにアップグレードするでしょう。   YからPYへのアップグレードにおいて、アップグレードポイントを使用する場合、YからCへのアップグレードポイントの丁度半分です。 さて、半分のアップグレードポイントでPYを利用するでしょうか。悩ましいところですね。   3.上級会員においてPYへの変更サービス終了 ダイヤ、プラチナ、SFC会員は、空席があれば追加料金なくPYへアップグレード出来たのですが、遂にサービスが終了となります。 ANA「ダイヤモンドサービス」・「プラチナサービス」メンバー、およびANAスーパーフライヤーズ会員のお客様へご提供しております「プレミアムエコノミーへの変更サービス」は2019年9月末をもって終了いたします。 今回のルール改正は、この3項目め 追加料金なくPYへアップグレードサービスを終了することが、一番の目的だと思います。 1,2項目めは、その結果発生する内容で、ANA側としては実質利用されなくても何も問題はないと思います。 何れにせよ、ルール改正はどんどん厳しい方向へ向かっていると思いますので、早く上級会員になり、その恩恵を早く与るのがよいでしょう。 PYへの無料アップグレードも2019年9月末までです。   参考リンク: マイルで国際線プレミアムエコノミーのご利用が可能になります ANA国際線特典航空券プレミアムエコノミーの予約を開始いたします。 ANA国際線特典航空券必要マイル数 ANA国際線アップグレード特典 2020年4月1日ご搭乗分よりプレミアムエコノミーへのアップグレード特典がご利用いただけます。 「プレミアムエコノミーへのご変更」サービス終了のお知らせ  

JALグループ 2018年度路線便数計画の一部変更

  JALより次のプレスリリースがありました。 このあたりの情報も考慮して、これからのマイル修行計画を立てて行く必要があると思います。 JALグループ、2018年度路線便数計画の一部変更と、2019年度における国際線の期間増便等を決定 http://press.jal.co.jp/ja/release/201808/004844.html   リンクを張っておきますので、確認下さい。 時間あるときに、内容記載したいと思います。  

ANAグループ航空輸送事業計画 2018年度下期

  ANAより次のプレスリリースがありました。 確認されましたか? このあたりの情報も考慮して、これからのマイル修行計画を立てて行く必要があると思います。 2018年度下期 ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更 https://www.ana.co.jp/group/pr/201808/20180821-3.html ポイント、気になった点のみ記載します。 細かいところはリリース内容を確認下さい。   国際線 ・経済性と快適性を兼ね備えた最新鋭小型機エアバス A320neo 型機の投入 ・2019年春から運航開始予定  エアバス A380 型機:世界最大の旅客機、日本初導入でハワイ路線に投入予定  ボーイング 787-10型機:ボーイング787型機シリーズでもっとも長い胴体を持つ最新モデル マイル修行に影響大なのはこれでしょうか。 羽田便は記載がないため、影響なしかな。 成田=クアラルンプール ※5 機材変更に伴い、プレミアムエコノミーサービスの提供は中止致します。 バンコクも。 成田=バンコク ※3 NH805/806:B787-8で運航。予定していたプレミアムエコノミーサービスの提供は延期致します。   この10月より、国際線とセットで購入した国内線チケットの予約クラスは、国際線チケットの予約クラスと同じとなるため、プレエコが無くなるのは痛いところです。 エコノミーで100%の「Y」クラスは、プレエコより価格が高くなると思います。 今までは、国際線チケットを安いクラスで購入しても、セットの国内線チケットは無条件で100%の運賃倍率が付いていました。 地方からの海外旅行者は、国内線部分の運賃倍率なんて全く気にならないはずなので、マイル修行僧封じでしょうね。   国内線 ・全席にシートモニターを装着したエアバス A321neo 型機の導入、2018 年度末までに 11 機 ・2018 年下期搭乗分より、国内線の運賃をよりシンプルでわかりやすい運賃体系に見直し ・航空券の予約・販売開始日を搭乗日の 355 日前へ拡大 具体的な日付の記載はありませんが、増便してもらえるのは有り難いですね。 修行僧達でチケットの争奪戦的な感じですよね。 羽田の場合、離発着枠がすでに一杯なはずなので、夜間や早朝の隙間に割り込ませる感じになるのでしょうか。 羽田=石垣、羽田=沖縄 期間増便継続 中部の便が軒並み減ってます。利用者少ないのでしょうか。 なるほど〜。   貨物専用便 マイル修行に全く関係ないですが、北九州が貨物便で思っている以上に利用されているんですよね。   まとめ これらのデータから何を読み取るのか。 ここが一番大事だと思います。 その結果を、今後の行動に繋げて行くことが重要です。  

Stay connected

42,282フォロワーフォロー
10,517購読者購読

Recent posts

Random article