修行ガイド

SFC修行とANAの上級会員の関係って?

おはこんばんちは、弟子14です。 石垣島を旅したりしてましたが記事にはしておらず、塾長からサボってるんじゃないぞと怒られそうです。 今日は旅行ネタではなく、今さらながらSFC修行について書いてみようかと。 SFC修行は、ANA修行やPLT修行のようにいくつかの呼び方がされていますが、 この記事ではSFC修行に統一します。 これまでの先人の方々がSFC修行についての記事を多数書かれていますので、 そちらにすべて任せてしまいたいところですが、改めて制度紹介をしながら私の考えなども交えて書ければなと思います。 このブログで初めて見ていただいている方にとっては、 SFC? 修行? 上級会員?って状況かと思いますので、その辺りも含めて。 今からそれらを勉強しようという方々には、あまりにも複雑そうに見えてしまい、 挫折しそうな気持ちになると思いますが、わかってしまえば簡単です。 【目次】 SFC修行って? ANAの上級会員のメリット 修行僧ってどんな人? ガチンコ修行僧の心構え   SFC修行って? SFCというのは、「SUPER FLYERS CARD」の頭文字を取ったものです。 (。-`ω-) なるほど、なるほど。 「で、そのスーパーフライヤーズカードって何なの?」と思って、 ANAのホームページで調べると次の説明文がでてきます。 スーパーフライヤーズカードは 「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様が お申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。 (;-`ω-) ムムム? ここでまた新たに「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバーと新しい単語が出てきた上に、中身がわからないのでちゃぶ台返しもんですよね。 客が得する情報は、ANAにとっては損する情報であり、わざとわかりにくく書いてあります。 「ダイヤモンドサービス」や「プラチナサービス」はANAの上級会員のステータス名称であり、SFCはそのクレジットカードを保有する限り「プラチナサービス」とほぼ同等のサービスを提供してくれるという反則のクレジットカードです。 なぜ反則か? それはANAやJAL、そして海外の航空会社の上級会員制度は、 通常は“1年限り”のステータスであり、1年間にたくさん飛行機に乗った人に与えられるステータスとほぼ同等のサービスがクレジットカードを保有しているだけで半永久的に受けられるからです。 そんな反則のクレジットカードを発行するために、“1年間だけ”上級会員を目指してたくさん飛行機に乗ることをSFC修行と言います。 ANAの上級会員のメリット そもそも上級会員になると何か恩恵があるの?ということが気になると思います。 詳しくはまた別の記事で書きたいと思いますが、ANAの上級会員が受けられる恩恵でイメージしやすいものを何個か挙げましょう。 年末年始や夏休みシーズンなどの混雑時でもスイスイ手続きできる「優先チェックインカウンター」 預けた手荷物がターンテーブルで最初に出てくる「手荷物の受け取り優先」 国際線チェックイン時に空席があれば追加料金なしでワンランク上の座席「プレミアムエコノミーへのアップグレード」 「ラウンジの利用」 など、ANAが公表している上級会員向けのサービスが20個以上あります。 では、実際問題どういう人がそういったサービスを受けられる上級会員なのか? ANAの上級会員には、「ダイヤモンド」、「プラチナ」、「ブロンズ」の3種類がありますが、 この中で「ダイヤモンド」と「プラチナ」になるとサービスを受けることができます。 「ブロンズ」では全くと言っていいほど恩恵はありません。 ANAのステータス付与条件は以下のようになっています。 SFC修行で目指すことになる「プラチナ」になるには50,000プレミアムポイント(PPと略されます)分、飛行機に乗ればよいことになります。プレミアムポイントは飛行機に乗らないと貯まらないポイントであり、ANAマイルとは異なるものです。 イメージするためにもう少し具体化すると、会社の出張で羽田(東京)-伊丹(大阪)を利用するビジネスマンを例にすると、「ビジネスきっぷ」という割引の運賃を利用した場合、羽田-伊丹の片道で貯まるプレミアムポイントは「960PP」です。 つまり、50,000PP貯めるために約52回飛行機に乗って、ようやく「プラチナ」になることができます。 どうでしょうか?ほぼ週1で飛行機に乗ることになり、年に数回しか飛行機に乗らない人からすると想像もつかない頻度と言えます。そういうお得意様を“上級会員”として、サービスを提供しているわけです。 修行僧ってどんな人? 上級会員の恩恵を受けることを目的にSFC修行をする人を“修行僧”と言うようです。 「ANAとマイルのパパじゃない」のテラヤマアニさんが、修行僧には次の3つのタイプがあると紹介されていて面白いなと思ったので、引用させていただきました。 会社持ちの出張だけでは5万プレミアムポイントに届かないため、足りない分は自腹で補ってでも上級会員資格を得たい出張族。 純粋に航空関連が大好きで、上級会員資格取得のためには全額自腹(約50万円)をも辞さない航空ヲタ。 有り余るマイルにモノ言わせて、たいして乗りもしないくせにSFCを保有したがる陸マイラー。 ガチンコ塾生は、このどれにも当てはまらないなと。強いてあげると2ですか?飛行機好きな人が多い。 ガチンコ修行僧の心構え 今、この記事を読んでいるあなたもSFCは「お得だ」という歪んだSFC制度の「旨み」を知って、調べているのではないでしょうか? この歪んだSFC制度は今後、大改革が起こります。 そして、その大改革の内容はSFC会員にとって「改悪」になる以外に考えられません。 この歪んだSFC制度をあまりに多くの人が知り過ぎたんですね。 SFC会員が入室可能なラウンジの状況は、まるで東京サマーランドのプールの様。 ほとんど減ることがないSFC会員が毎年増え続ける限りこの状況は変わりません。 これからSFC修行を始める方は、 SFC制度の廃止を含めて「そのうち大改革が起こる制度」 ということを理解しましょう。 上級会員の恩恵を受けることを目的にSFC修行をした修行僧にとって、その大改革は許せないことかもしれません。 ここで、もしもあなたがANA社員だったら?という視点で考えてみましょう。 ANA社員のあなたから見て、5年前、10年前に1年間だけたくさん乗って、それ以降ほとんど乗っていないにも関わらず、上級会員の顔をしてラウンジでサービスを求めるSFC会員は本当にお得意様でしょうか? たくさん乗ってくれる「ダイヤモンド」、「プラチナ」のようなお客がお得意様であり、そういった人たちによりよいサービスを提供し、今後もお得意様であっていただきたいと考えます。 実際、ANAは以下のような姿を目指しています。 SFC会員がごった返すイモ洗い状態のラウンジではそんなサービス提供は不可能で、目指す姿から大きくかけ離れた状況なのです。 成長する・成長しようとする人や会社とは、常にあるべき姿、理想の姿を想像し、 現時点で理想の姿に足りていないもの、理想とのギャップを見つけ、 そのギャップを埋めようと努力するものです。 ANAが成長しようとする限り、改革は必然です。 あなたがSFCに興味を持った元々のきっかけは何でしょうか? それを達成するためにSFCはなくてはならない手段でしょうか? 大事なのはあなたの目的を達成するために必要な知恵を身に着けることであり、 知恵さえあればSFC廃止のような改革があったとしても、SFCが排除されてゆったりとしたラウンジで、より快適なサービスが受けられると考えればよいのです。 本物の裏技とは実体験に基づいた“知恵”であり、その実体験が多ければ多いほど物事の“本質”を捉えることが可能となります。 ガチンコマイル塾で“マイル”という一つの手段を通じて、世の中をうまく生き抜く“知恵”を身につけませんか? “知恵”を得るための近道をする 今後も無料公開できる情報については、随時ブログでも取り上げていきたいと思いますが、 すでに別の形で公開していますので、下のバナーから登録してみてください。

オーストラリア周遊 ケアンズ編②

おはこんばんちは!旅行と写真が趣味の弟子14です。 夏休みのオーストラリア周遊をいくつかのパートに分けてお伝えしましたが、 今回が最終章です。 (1)エアーズロック編 (2)ブリスベン編①、② (3)ケアンズ編①、② ケアンズ駅でキュランダ行きの高原鉄道のチケットとキュランダからキャラヴォニカに向かうスカイレール(モノレール)のチケットを購入します。 私は予約もせずに当日の朝買いに行って乗れましたが、予約しておいた方が精神衛生上いいです。 前日にチケットを購入しようかと思って駅に18時ごろに行ったら15時までで売り場が閉まってたので、 私みたいに現地でのチケット購入を考えている人は早めに行くのがオススメです。 朝8時にチケット売り場がオープンするわけですが、これがわかりにくかったです。 前日見つけたチケット売り場で並んで待ってたところ、8時になったら職員が出てきて、 「キュランダ行きに乗る人はプラットホーム〇に行きなさい。」(何番か忘れましたが、ショッピングモールじゃない方です。) (; ・`д・´)な、なんやて。。。(せっかく並んでたのに) 急いで反対側のホームに行くと、朝通った時には気づかなかったチケット売り場がオープンしてました。 無事にチケットが購入できて、列車とご対面。 125周年!ででーん!と先頭車両はこんな感じ。 ま、私の乗る車両は一番後ろの11号車だったんで、一番後ろまで歩いて戻りました。 日本語をしゃべる外国人ガイドさんが日本人客を連れて入ってきて話してた内容によると、 ツアーで予約すると前方の車両になるそう。個人で予約すると後方の車両になるんだとか。 後方の車両がいい理由は、コレです! カーブ地点で後ろの車両でしか見ることができない光景が見れるのです。 カーブ地点含めて、滝や街並みなど写真撮影ポイントでは低速で登ってくれるので、写真は撮りたい放題です。 キュランダまで目前のバロンフォール駅では、10分ぐらいですかね??名物の滝を見る途中下車があります。 このバロンフォール駅も後ろの車両の方が滝の展望台が近くていいです。前方車両の人は歩いてくるだけでそこそこ時間がかかります。 そして、長かった高原鉄道の旅も終点のキュランダ駅へ到着! ここキュランダは、世界遺産の熱帯雨林です。 ほとんどの箇所で舗装はされていますが、真冬の南半球とは思えない光景を3時間ほど堪能しました。 そして、いよいよ下山のスカイレールです。先ほど歩いた熱帯雨林が眼下に広がります。 途中駅が2つあって途中下車も自由です。1つは、バロンフォール駅だったのでパスしましたが、列車で見た角度とは違うのも見れたそうなので、行ってみてもよかったかなと。 途中一度、ロープウェイ乗り換えのために確実に降りなければならないのがレッドピーク駅で、 乗り換えついでにぷらっと歩きます。 乗り換えで待ってたら、ダイヤモンドビューの特別車が来ました。 これ、足元が透明になっていて、空中散歩をより楽しめるということでお値段が少し高いやつです。 乗り換えたらすぐにキャラヴォニカ駅に到着し、宿までマイクロバスで送ってもらって、 楽しかったオーストラリア周遊も終わりです。 ではではー!

オーストラリア周遊 ケアンズ編①

おはこんばんちは!旅行と写真が趣味の弟子14です。 夏休みのオーストラリア周遊をいくつかのパートに分けて、お伝えしたいと思います。 (1)エアーズロック編 (2)ブリスベン編①、② (3)ケアンズ編①、② ケアンズについてからの移動は、Avisレンタカーで借りたこいつが相棒です。 目的地のポートダグラスまでレッツゴー! 交通ルールは、ラウンドアバウトがある以外は日本とほとんど同じなので、 あまり心配ありません。右ハンドルで速度表示もkm/hです。 1時間強運転したら、ポートダグラスに到着。 ポートダグラスと言えば、フォーマイルビーチらしいので、昼食後歩いて展望台まで向かいます。 ちょっと波が立ってましたが、ずっと先まで続く海岸線、波が穏やかならきれいでしょう。 ポートダグラスで海を眺めて、ぼーっとした後にケアンズ方面へ戻ります。 途中で寄ったREX展望台は、断崖絶壁みたいなところで見ごたえありです。 パームコーブにも寄りました。今日はよく海を見ました。 今宵の宿は、ダブルツリーbyヒルトン。しっかりアップグレードされた部屋は一人には広い。 晩飯は、ヒルトンの中にあるレストランでおすすめされたTボーンステーキ。まいぅーでした。 明日は、熱帯雨林キュランダ観光です! ではではー!
airplane2

みんなで一緒に修行しましょう!